広島県広島市南区で色あせした瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日、お客様から

「屋根の瓦が気になるので見てもらえませんか?」

とご依頼があり、屋根の無料診断を行いました。

 

綺麗な青色の瓦屋根の一部の瓦が色褪せています。

こちらでは、瓦の接続部分にひび割れが出来ていました。

瓦の傷みが進行し割れている箇所から水が浸入することで雨漏りを発生させます。

気温が下がる冬場になりますと瓦に染み込んだ水が膨張してしまい、

瓦を弾き割ってしまうこともあります。

このような現象のことを「瓦の寒割れ」と言います。

水の吸収率が特に高い粘土瓦やスレート瓦の場合、特に注意が必要となります。

 

今回の様に、一部の瓦に色褪せやひび割れがあった場合には、

瓦の差し替え工事を行います。

差し替えを行うことで、裏面に水分が浸透した瓦は交換されます。

ひび割れた瓦も交換することで雨水が内部へ浸透する危険性も無くなります。

また、差し替えの際に一度瓦を取り外すため、

瓦の下が雨漏れしていないか確認もできます。

早めに専門家の目でしっかりと確認し、適切な修理をしていおきましょう。

 

屋根は建物の中でも特に紫外線や、雨風を受けている場所の為

定期的にメンテナンスをしておくと安心ですね。