【猫土台】ねこどだい

猫土台とは、基礎立ち上がりと土台の間に隙間を作る為、 厚さ2mm程度の挟み込むものを指します。 柱下や大引の取合箇所に90cm前後ごとに設置していきます。 基礎立ち上がりに触れず土台を浮かすことで、 土台の腐敗を防止し床下の換気を効果的に行う工法です。 「基礎パッキン」とも呼ばれています。 材質は栗材の小木片やプラスチック、樹脂製などもあります。