【長押】なげし

長押とは、日本建築で柱から柱の壁面に打ち付ける水平の横木を言います。

元々は柱を横につなぐ構造材でしたが、貫(ぬき)が頻繁に使用されるようになり、

徐々に装飾化していきました。取付位置によって名称が異なり、

柱の下部をつなぐ地長押(地覆長押)や壁の中間や窓の下に設置される腰長押、

鴨居上部に取り付ける内法長押(うちのりなげし)などの種類があります。