広島県広島市安佐北区で苔が生えた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「寒い地域だから、雪が降る前に一度屋根を見て欲しい」

とのご依頼を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。

 

屋根の状態を確認しますと、

瓦に雨水が染み込んだ箇所がいくつもありました。

漆喰も剥がれも広範囲に付着しています。

瓦にズレが生じ、のし瓦の継ぎ目から

染み込んだ雨水がシミになり苔を発生させていました。

 

今回の様に瓦がズレる原因として、

棟の中にある赤土が乾燥しできた空洞が地震の揺れによるズレや

ソーラーを載せている屋根であれば重さによるズレが挙げられます。

今回ご依頼のあったお客様の屋根には、

ソーラーパネルが設置されていた為、後者の原因であることが考えられます。

 

漆喰のひび割れや瓦にコケが出ている場合は、

ひび割れや苔がある漆喰部分を取り除き、

新しい漆喰を塗り替えることで解決できます。

また、更に瓦にズレ止めを行うことで今後瓦がズレ瓦同士の接触や落下を防ぎます。

瓦は耐久性があることでも知られていますが、漆喰の寿命は10年と短いです。

定期的なメンテナンスを心掛けておきましょう。

 

クリスマスも近づき、ケーキ屋さんのディスプレイがより一層輝いて見えます。

クリスマスのキラキラとした雰囲気を楽しむ心も大切にしていきたいですね。