広島市安佐南区で色あせた波板と外壁塗装修理リフォーム無料診断を行いました。   写真からも分かるように、 白色の外壁が黒く変色し、波板は色褪せ波打つように曲がっています。 また、こちらでは外壁に大きなひび割れクラック)がありました。 こちらの波板の素材は、塩化ビニールというプラスチックの一種です。 安価であり、柔らかくて加工もしやすいため 昔の屋根材の定番であり、現在でも駐輪場などによく使われています。   外壁や波板の変色は、 紫外線や太陽光などの熱や雨風が原因で起こります。   変色してしまった場合は、 外壁は塗装、波板は新しいものに貼り替えることで綺麗な状態になります。 外壁はひび割れを補修し塗装を行い劣化した塗膜を新しくする事で 防水性などを上げることができますし、 波板は素材によっては、 今あるものよりも耐久性などが優れた素材に変更することもできます。 波板の素材として、主流となっているのがポリカーボネートという素材です。 耐用年数も塩化ビニールの倍の約10年と言われており、 テラスやウッドデッキの屋根など幅広く使われています。 透明であるけれども、衝撃にとても強い素材で ジェット機のコックピットなどにも使われているので、 台風など強風時、少々の飛来物であれば安心ですね。   私たちの身近なものは日々進化しています。 将来、私たちの想像を超える快適な生活ができると思うと 今からとても楽しみですね。