【床下換気】ゆかしたかんき

床下換気とは、 土台部分の湿気による腐食やカビ防止のために換気を行うことを指します。 近年、基礎と土台の間にゴム状のものを挟む基礎パッキンなどを用いて 隙間を作り、通風を図る工法もあります。 建築基準法では、1Fの居間などが木造の場合、床の高さ45cm以上とし、 外壁の床下は300㎠以上の換気孔(壁の長さ5m以下ごと) を設けなければならない等の制限があります。 尚、床下に防湿対策などを行っている場合は除きます。