広島県東広島市で劣化し崩れかけた漆喰がある瓦屋根のリフォーム無料診断を行いました。

 

瓦屋根の漆喰が崩れ、本来漆喰の下にあるはずの赤土部分が見えてしまっています。

こちらでは、漆喰上の瓦がずれて台風などの今日になればすぽっと外れそうです。

漆喰は世界遺産の姫路城でも用いられているほど歴史が古く耐久性がありますが、

瓦屋根の漆喰は常に雨風や紫外線にさらされている為、経年劣化は避けることが出来ません。

ひび割れ劣化のサインの一つです。

ひび割れた箇所から欠けが見られ、崩れていきます。

漆喰が崩れますと、

隙間から雨水が入り込み住宅内部が雨漏りするなどといった被害に繋がります。

 

漆喰のひび割れを完全に防ぐことが出来ませんが、

定期的に漆喰の状態を確認しその都度適切な修理を行うことで、

漆喰や屋根は長くお住まいを守ることが出来ます。

 

今回のお住まいの様に、

既に漆喰にひび割れや剥がれ、欠けが見られる場合は

新しい漆喰を塗り直すか、重度である場合は棟の積み替え工事となります。

古い漆喰を撤去し、赤土など内部も含め漆喰を新調するので、

内部に染み込んでしまった雨水も無くなり、雨漏りする心配もありません。

 

まずはお住まいの傷みに気づくことが大切です。

定期的に診断し、お住まいを守っていきましょう。