広島市安佐北区で瓦や棟の漆喰が傷んだ瓦屋根の補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根工事 築年数:40年前後   【工事前】   【工事後】  

工事の様子

瓦屋根全体の補修工事を行いました。 今回は工事の一部である隅棟部鬼瓦の漆喰塗り替え工事の様子をお伝えします。   屋根全体の工事を行う為、足場を設置して 屋根同士のつなぎ目である隅棟部と棟の端にある鬼瓦の漆喰を補修していきます。   工事開始です。まずは、既存の漆喰を剥がします。 経年劣化によって傷んだ漆喰を放置していると 雨漏りの原因になるだけでなく、瓦自体が外れてしまうこともあります。 新しい漆喰を塗る葺き土を平らにします。 下地調整後、スプレーで葺き土を湿らせ、新しく塗る漆喰との密着度を上げます。 新しい漆喰を塗っていきます。 漆喰の量を誤ると漆喰に雨が当たる確率が高くなり、 漆喰の剥がれに繋がる為丁寧に塗りこみます。 漆喰が乾いたら工事完了となります。   今回、隅棟部分と鬼瓦漆喰の塗り替え工事を行うことで 既に雨水を含んでいた漆喰を取り除けますし、 雨漏り防止にもなります。   瓦屋根は耐久性が高く、数十年という長い年月に渡り 雨風からお住まいを守ってくれますが、 定期的なメンテナンスを怠ると漆喰が剥がれたり、 地震や強風によって瓦がずれてしまいます。 瓦の落下や屋根の倒壊などの最悪の事態が起こる前に専門家の診断を受け、 適切な補強や補修を行いましょう。   寒い日が続いていますね。 広島市内ではインフルエンザが流行しているようです。 体調にはくれぐれもお気を付け下さい。