【建前】たてまえ

建前とは、木造建築で基本構造である柱や梁を組み、棟上げを行う工事のこと、

もしくは、棟木を上げ終わった日に行われる伝統的な儀式のことを指します。

「上棟式」や「棟上げ」とも呼ばれています。

施工に携わる(棟梁など)人たちが中心となり工事が無事に終わることを祈願して行われます。

神主にお祓いをしてもらう、お施主さんと大工がお酒を飲む等を行います。

式の方法には規定はなく、地域によって異なることもあります。

 

近年では、建売住宅の増加などもあり、

お祓いのみの簡略化や行わないことも多くなりました。