東広島市にお住まいのお客様から、

「家の大手塀に大きなひび割れが入り一部が欠けている、とても心配なのでみてもらえませんか」

というご依頼を受け、早速大手塀の無料診断を行いました。

 

大手塀に大きなひびが入り、塗装が剥がれています。

大手塀に3mm以上のひび割れが出来ていますと要注意です。

ひび割れ(クラック)には種類があり、

0.3mm以下の細いひび割れである「ヘアークラック」や

塗料が乾燥して起こる細い「乾燥クラック」であれば、塗料を上から塗ることで直せることが多いです。

しかし、ひび割れが深く構造部分まで入っている場合は「構造クラック」と呼ばれ、

内部に雨水などが侵入している可能性が高いです。

 

今回のお住まいの大手塀の様に大きく外壁が崩れてしまった場合は、

クラック部分をモルタルで補修し、

その上から塗装を行うことで元の綺麗な大手塀になります。

写真のような状態ですと大きな被害だと思われますが、

必要な箇所へ適切に補修を行えば、

費用も規模も大きなものにはなりません。

被害が出ても焦らず、専門家に相談しその時に合った補修をしておけば大丈夫です。

 

お住まいのどんな小さいことにも気づけるようにし、

建物の寿命をのばし、家族で平和に暮らしていきたいですね。