外壁塗装の色決めは、自分のイメージを固めることから始まります。
「思っていたよりも暗い色だった・・・」
「色見本より明るすぎるかな・・・」
こういった失敗をしないためにも、ある程度の知識を身につけておきましょう。
ご近所に自分がイメージする配色のお宅があれば、話は伝わりやすいですが、全く同じというのも何だか気がひけます。
弊社の工事実績データをみると、やはり定番の色に人気が集中しています。
一度、外壁塗装をすると約10年間は、塗装しないので、無難な色を選ばれる傾向にある事がわかります。

また、色を決める際、見落とせないのが、玄関ドアやアルミサッシの色です。
一般的には、塗装をしない箇所なので、それに合わせて色を決めるとバランスが整います。
あまり知られていませんが、色は面積によって見え方が変わる特徴を持っています。
玄関ドアのような小さい色と、外壁の色が喧嘩をする配色にした場合、目の錯覚で違う色に見えてしまうというのはよくある話です。
業者に相談した際、色見本サンプルを見る事ができますが、色見本サンプルは小さいので塗装工事後に「イメージと違う・・」と業者と揉める方もおられるようです。

基本的に明るい色をご希望の場合は、小さな玄関ドアより、大きな外壁の方が明るく見えるので、少し明るさを抑えた色を選び
暗い色をご希望の場合は、小さな玄関ドアより、大きな外壁の方が暗く見えるので、少し明るめの色を選ぶのがポイントです。

色決めと同時進行して「艶あり」「艶なし」を選びます。
色によっては「艶あり」しかない塗料もあるからです。
艶あり、艶なしを選ばれる割合は、5人中4人が「艶あり」を選ばれています。
一部の吹付け用塗料は、最初から艶がありませんが、大半は「艶あり」塗料に調整材という添加材を混ぜて「艶なし」の塗料にしています。
添加剤を混ぜると塗膜面が、小さなボコボコ状になり、光の反射を分散させ艶が無くなったように見えます。

添加剤を混ぜた分、耐久性が落ちてしまうので「艶なし」の方が、汚れやすく耐久性が落ちると言われています。
わかりやすく言うと、汚れやすく、藻・カビ・コケが発生しやすくなるという事です。
結局のところ、「艶あり」「艶なし」のどちらがいいのかというと、好みで選んで良いと思います。
よく「好みで選んで良いという業者は辞めておきなさい」といった声を聞きますが、塗料メーカーがお客様の声を集め、長年にわたって研究に研究を重ね「艶あり」「艶なし」塗料を追求して作られたものです。
その研究結果は、信用に足るものと思います。
それでも心配ならば、大手の「エスケー化研」「関西ペイント」「日本ペイント」を選んでおけば間違いありません。
艶の「あり」「なし」よりも、塗装技術の「あり」「なし」や住宅の外壁にあった正しい塗料選びの方が問題だと判断しています。

塗料の種類をまとめ

外壁は、築年数・ひび割れの有無・材質など様々な条件があるので性能比較だけで選ぶ物ではありません。
沢山の種類の塗料から最も適した塗料を選ぶ事が大切です。
低価格を打ち出しているアクリル系塗料は、耐用年数が短い為何度も塗り替えが必要になり、長い目で見ると決して安くはありません。
フッ素塗料は、スカイツリーなど高層ビルに使われており高機能ですが高額です。
一般住宅の外壁塗装であれば、「シリコン系塗料」か「ラジカル塗料」を選んでおけば間違いないでしょう。
外壁塗装を成功させるためにお役立ていただければ幸いです。

広島の屋根修理のお問い合わせ