広島県広島市安佐南区で漆喰の剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。   写真から瓦屋根に落ち葉が溜まり、漆喰も剥がれ中の赤土が見えていることが分かります。 漆喰とは、外壁にも使われている素材であり サンゴ礁がルーツである消石灰から出来ています。 二酸化炭素を吸い込むことで石灰石となり固まっていくので 「呼吸をする」とも言われています。 そのため、雨風に晒されている屋根から雨水が侵入することを防いでいたり、 屋根の内部の湿気を吸収するなど重要な役割を果たしています。 もし、剥がれたままにしておくと雨水が赤土に染み込んでいくため 雨漏りの原因となり、湿気を好むシロアリをおびき寄せる可能性があります。   また、こちらでも雨樋に落ち葉や泥などのごみが溜まっていました。 雨樋は、屋根から落ちた雨水を一か所に集めて 地面に流すためのものであり、ゴミなどが溜まってしまっていると スムーズに流れなくなるため雨樋から雨水が漏れて外壁基礎を傷めつけてしまいます。   今回の住宅は元々おじい様が住んでおられたそうで、 現在はたまに訪れるくらいで普段住んでいないとの事でした。 その為、屋根や雨樋の状態に中々気付くことが出来ず落ち葉などが溜まってしまったそうです。 屋根に写真のような傷みがありましたら、 漆喰であれば新しい漆喰を塗り直し、雨樋では雨樋自体にひび割れや 不自然な曲がり方をしていなければ雨樋の掃除をすることで解決できます。   しかし、今回のお客様の様に普段空き家であれば、 中々傷みに気付くことはできません。 今は、定期的に専門業者が掃除などを行う空き家管理のサービスもありますので、 放置してお住まいが傷む前に検討してみるといいですね。   お住まいの気になる所は早めに補修を行い、 ご家族の皆様が安心して日々を送れるようにしていきましょう。