広島県安芸郡にお住まいのお客様から、 「家の天井にシミができてしまって心配なので、みてもらえませんか」 というご依頼を受け、早速天井の無料診断を行いました。   写真からもはっきりと分かるように、 白い天井に茶色のシミが模様のように広がっています。 お住まいの天井に写真のようなシミが広がっていた場合は、 屋根が雨漏れしている可能性があります。   早速、屋根に登り確認してみたところ、 漆喰が剥がれている箇所や瓦が欠けている箇所、 また写真の様に、瓦と瓦の間に穴が開いている箇所もありました。 ここから雨漏れし、雨が少しずつ入り込み屋根全体に広がり、 天井にシミを作ったのだと考えられます。   天井にシミが出来てしまった場合は、今回の様にまず原因を探ります。 屋根の状態が悪く雨漏れしていた場合は、 漆喰は新しい漆喰の塗り直しを行い、 欠けた瓦は一部であれば指定箇所の取り替え、 瓦同士の隙間も再度瓦を並べ直すことで埋めていきます。 また、屋根裏や天井裏が雨漏れしているようでしたら、 新しいものに取り替えを行い、 天井もシミを落とすことはできませんので、新しいものに貼りかえる必要があります。   年末追い込み前の今のうちにメンテナンスをしておき、 家族の笑顔と平和を守りましょう。