広島県広島市南区でひび割れた外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

写真から、サイディング外壁の隙間に埋め込まれている

シーリング部分がひび割れているのが分かります。

シーリングとは別名コーキングも言われ、

板状の外壁材(サイディング)同士の隙間を埋めて繋ぐ際に使用されます。

素材がポリウレタンやシリコンの樹脂であるため、

建物の防水性・気密性を高めています。

特性を活かし外壁以外にも、

洗面所や浴室の壁と床の隙間などにも使用されているんです。

 

しかし、紫外線や雨風に晒されている事などから

シーリングは耐用年数が約10年と言われており劣化スピードも速いです。

ひび割れた箇所から内部に雨水が入り込むことで

内部の腐敗シロアリをおびき寄せる可能性があります。

 

今回のお住まいの様に、シーリングにひび割れが見られた場合の

補修には打ち増し打ち替えの2種類があります。

打ち増しとは、古いシーリング材の上から新しいシーリング材を打つことで

打ち替えとは、既存のシーリング材を撤去し新しいコーキング材を打つことです。

どちらの工法にするかは、劣化具合によります。

劣化の少ない打ち増しの方がより工期が短く、費用の負担も少ないため

ひび割れが見られたら、早いうちに専門家の方に見てもらうと安心ですね。

 

小さな気づきが、安心する暮らしに繋がります。

ご家族が笑顔で過ごせる未来になるよう願っています。