広島県広島市安佐北区で鬼瓦棟瓦が傾いている瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。   写真でも分かるように、 屋根の鬼瓦のコーキングが剥がれ、今にも取れてしまいそうな箇所と、 雨水が入ってもおかしくない大きさの隙間が空いているところもありました。 このように推定5mmもの隙間があると 雨水は容赦なく建物内に侵入してきます。 室内の天井から落ちてくる雨水は必ずどこかを経由にしているわけですから 柱や外壁など雨水の通った道は、濡れてしまっています。 その部分が腐っていくと強度を失われ、地震などに耐えられないお住まいになってしまいます。   またこちらでは、棟部分が一部上に浮いていることが分かります。 隙間が空いているので棟内部が雨漏りする可能性があります。 今回のように瓦屋根の棟に浮きやひび割れなどの劣化が見られた場合、 劣化の程度が軽いものですと、鬼瓦であればコーキングか漆喰で補強できます。 しかし、漆喰や棟の傷みが重度の場合ですと、 棟全体を積み替える必要があります。 棟の積み直しを行うことで、動いた瓦を固定し漆喰も新しいものにできます。 また、棟の内部が傷んでいるようであれば 傷んだ箇所をピンポイントで取り替えることが出来ますので解決できます。 雨漏りに気付いた時には、建物内はかなりひどい状態になっているケースも多いです。 ご家族の安全を守る為にも、早期発見、早期対処を心掛けましょう。   最近電子決済が盛んに取り上げられている中、 機会のみの夜間無人スーパーも出てきました。 売り買いも売り手と買い手の信頼関係があってこそです。 将来、AIが主流になってもこの気持ちは忘れないでおきたいですね。