【延焼の恐れのある部分】えんしょうのおそれのあるぶぶん

「延焼の恐れのある部分」とは、 隣家から火の手が上がった際に最も影響を受ける部分を指します。 建築基準法では、道路中心線や隣地境界線の1階は3m以下、 2階は5m以下を距離にあるものを延焼の恐れがあるとして定めています。 しかし、一般的な住宅に多い500㎡以下の建築物や 公園や川などの水路に面している場所等、対象外となることもあります。 家を建てようと思っていた土地が、 防火地域や準防火地域の場合対策が必要になります。   対策には以下のようなものが挙げられます。 ・換気扇はカバー取り付け(パイプフード) ・外壁は防火認定を受けた材料を使用する ・軒裏は防火構造をする(防火認定を受けた材料・不燃軒裏換気材) 等   防火措置を行う部位によってコストに差が出ますので、 しっかりと専門業者と相談して決める必要があります。