【S造】えすぞう

S造とは、Sはsteel(鉄骨)の頭文字で鉄骨造の略称です。 形鋼・鋼板などの鋼材を主に用いた構造になっています。 使用する鋼材の厚さによって異なり、 6mm以上であれば「重量鉄骨構造」、6mm未満であれば「軽量鉄骨構造」に分類されます。 RC造(鉄骨コンクリート造)やSRC造(鉄筋コンクリート造)よりも軽くしなやかで、 かつ粘り強い構造の為、体育館や高層建築などに適していると言えます。 しかし、RC造やSRC造と比べ地震の際に揺れが大きくなってしまう、 また錆が発生しやすい為錆止めをしっかりと行う必要がある等といったデメリットもあります。