広島市安佐南区で穴が空いた外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

早速外壁を診断してみますと、

外壁に穴が空いてしまい穴の周りの塗装も剥がれていました。

このような外壁の素材をモルタルと言い、

セメント・水・砂を混ぜ合わせて作られます。

サイディング外壁のような繋ぎ目がないため割れる心配がなく、

質感など味わい深い雰囲気になるといったメリットがあります。

しかし一方で、

乾燥・収縮を繰り返すことでひび割れが生じやすいというデメリットもあります。

今回のお住まいもひび割れた箇所がいくつか見られました。

この様なひび割れから水が入り込むことで表面の塗膜が剥がれ、

更に年月が経ったことで大きく穴が空いてしまったと考えられます。

もしそのままにしておくと、

雨水が外壁の内部に入り込むことで内部が腐敗

湿気を好むシロアリをおびき寄せる可能性があります。

 

今回のように外壁に穴が空いた場合は、

塗装工程前にモルタルを薄く塗り、表面の凹凸を無くし、

塗装工程に入ります。また、プレミアムフィラーなどを用いて下地調整を行うことで、

外壁に模様やパターンを作り補修跡を目立たせないようにすることもできます。

ひび割れについては、ひびが細い場合は塗装のみで塞がりますが、

ひびの幅が広い場合は塗装をする前にシーリング材を注入し表面を整える必要があります。

外壁のひび割れは放置するほど範囲が広がってきますので、

早めに専門家に相談し修理しておきましょう。

 

ご家族の皆様が安心して日々を送れるように願っています。