広島県廿日市市で錆びて色あせた瓦屋根の取り換えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根葺き替え工事
築年数:30年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

【工事の様子】

今回は屋根工事の為、足場と保護シートを設置します。

 

既存の瓦を撤去していきます。

屋根の上は傾斜で不安定なので取り外した瓦が落ちないようにまとめておきます。

この時に屋根下地の劣化具合も確認しておくことがポイントです。

傷んだ防水紙を撤去します。

傷みが激しい場合は下地ごと新しいものに取り換えます。

新しい防水紙と瓦を設置していきます。

雨水の侵入を防ぐ防水紙を軒先から棟に向かって敷き、

釘や垂木(屋根の骨組み)で固定します。

防水紙を敷いたら新しい瓦を設置します。

異なる種類の瓦にするだけで外観はガラッと変わりましたね。

屋根全体に瓦を固定したら工事完了です。

 

屋根の葺き替え工事は既存の屋根を解体・撤去し、

新しい屋根に取り換える工事です。

葺き替え工事では瓦に加え防水紙や野地板なども

新しいものに交換できますので、雨漏りの心配もなくなります。

 

今月は雨が多いですね。

屋根が傷んでいると雨水が家屋に浸入し、雨漏りを引き起こします。

そのような問題が発生する前に対策をしておきましょう。