広島市安佐北区で寒さによりひびが入った瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日、お客様から

「消費税が上がる前に屋根の悪いところがあれば修理しておきたい」

とのご相談を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。

 

お客様のお住いは、山が近い事からとても冷え込んだ空気が

流れており、今の時期とても寒くなるそうです。

この関係により屋根にも寒さで傷みが生じた箇所がいくつか確認できました。

瓦に亀の甲羅のように小さな亀裂がたくさん入っています。

この現象を寒割れといい、寒い地域では多く見られる傷みの減少の一つです。

また、もう一箇所傷みを受けている部分を確認しました。

漆喰部分にが付着し、漆喰自体が剥れ落ちている箇所も多く確認できました。

苔が生えるということは漆喰が水分を吸収している証拠になります。

 

この二つの傷みを放置してしまうと、内部が雨漏れする可能性が高くなります。

 

そこで今回は寒割れの傷みが激しい部分は瓦を差替え、

焦がれている部分や苔が付着した漆喰部分は一度綺麗に剥がし、

新しい漆喰に塗り替えることで雨漏れしない瓦屋根へと復活します。

 

クリスマスも終わり、年末モードに突入しましたね。

大掃除や年内に片付けておきたい事で忙しい方が多いと思います。

インフルエンザのニュースも耳にする事が多くなってきましたよね。

体調にはくれぐれもお気を付け下さい。