広島県広島市西区で漆喰の傷みや瓦のズレが見られる屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根及び大手塀塗装工事 築年数:25年前後   【工事前】 【工事後】  

【工事の様子】

屋根と大手塀の工事を行いました。 今回は工事の一部である屋根工事の様子をご紹介します。 工事開始前に足場と保護シートを設置します。   設置後、既存の棟を取り外していきます。 土台である棟木周りの漆喰も撤去します。 古い漆喰を取り除かずに新しい漆喰を塗ってしまいますと剥がれやすくなりますので、 取り除いた後はしっかり補修を行います。 新しい漆喰を塗っていきます。 コテで棟木の両脇に塗り、取り外した棟を積みなおします。 下地となる土が乾いていると漆喰の密着性が弱くなるので 水を吹きかけながら塗りこんでいきます。 漆喰が乾いたら工事完了です。   土台から補修することで傾いていた棟が真っ直ぐになり、 見た目も綺麗になりましたね。 きちんと補修を行った漆喰は20年程度持ちます。 漆喰は太陽光や雨風によって劣化するので 定期的にメンテナンスを行い、お住まいを長持ちさせましょう。   年の瀬まで残り1週間を切りました。 この時期は慌ただしい雰囲気に包まれてますね。 忙しい中で体調を崩してしまわないようお気をつけください。