廿日市市でシロアリに蝕まれた床下の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、床や床下の基礎や骨組み部分が 所々シロアリに蝕まれています。 日本は気候の特徴として湿気が多く 湿気が大好物な白蟻にとって快適な場所である為、 どのお住まいでも発生する可能性があります。 実際に日本の住宅の約5件に1件にシロアリが潜んでいるとも言われています。 住宅が木造であろうが鉄骨であろうが関係なく 築年数にほぼ比例して被害は増えていきます。   今回のような床下基礎床部分はシロアリ被害で最も多い場所です。 その他にも、木材がよく使われている玄関や 湿気が発生しやすい水回りの被害も多くなっています。   床下は普段目に見えない場所なので、 床を踏んだ時にミシミシと音が鳴ったり 床が浮いたり、柔らかい感触がするなど 気付いた時には既に被害が進行しているといったケースがとても多いです。   目視で確認できる方法としては、 お住まいの基礎コンクリートに不自然に土で出来た筋道があると シロアリが作った道の可能性があります。 また身近な予防法としては、 お住まいの周辺にシロアリの餌であるダンボールや木材を置かない事などが挙げられます。   今回のように床下や床部分がシロアリに蝕まれていた場合 床板や骨組みである根太材や火打土台の交換をします。 火打土台は多くは木材でしたが、 近年ではシロアリ被害も防ぐことができる銅製のものも 多く使用されるようになってきています。   小さな気づきが、安心する暮らしに繋がります。 ご家族が笑顔で過ごせる未来になるよう願っています。