東広島市で苔が生えたセメント瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から 「屋根のオレンジ色の苔が目立っているので見に来てもらえませんか?」 とご依頼を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。   お客様の屋根は「セメント瓦」といって、 セメントを主成分とした屋根材を使用していました。 カラーバリエーションが豊富さや耐火性に優れているというメリットがあり、 人気の屋根材の一つとなっています。   写真からも広範囲に苔や色褪せが発生していることが分かります。 特に瓦の重なるところや、日光が当たらない北側などに苔は発生しやすいです。 塗膜が劣化し防水機能が失われますと、 セメント瓦の含水率が上がってしまいカビや苔が発生してしまいます。   このようにセメント瓦屋根に苔が発生してしまった場合、 屋根の塗装工事を行うことで塗膜の効果を復活させることが出来ます。 工事の際には、塗装工程前に高圧洗浄やケレン掛けを行うことで 新しく塗る塗料の密着性を高めることが出来ます。 その際に塗料も防藻、防カビ性能の高い機能性の塗料を使用し、 苔や藻、カビの発生を抑えるようにするとより長持ちします。   お住まいの美観のみではなく安全も長く守っていきたいですね。