広島県広島市安佐北区で漆喰がひび割れた瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根工事 築年数:30年前後   【工事前】   【工事後】  

【工事の様子】

今回は漆喰詰め直し工事の様子をご紹介します。   屋根の上での作業の為、 足場と保護シートを設置します。 設置後、古くなった漆喰を取り除きます。 経年劣化によって中の土も傷んでいます。 剥がした漆喰を撤去したら新しい漆喰を詰めていきます。 屋根同士の細かい隙間だけでなく、表面も綺麗に塗ります。 適量かつ凸凹なく塗るのは難しく、職人の腕の見せ所となります。 傷んでいた箇所全てに漆喰を詰め直し、漆喰が乾いたら工事完了です。 塗りあがりの漆喰は雅な雰囲気がありますね。   漆喰補修工事はの目安は15年だと言われています。 屋根と下地の接着剤としての役割を果たす漆喰は年月が経つことによって崩れていきます。 漆喰が崩れることで瓦がずれたり、欠けて雨漏りの原因になります。 今回のお住まいの様に、漆喰の剥がれやひび割れの場合であれば 既存の漆喰を撤去し新しい漆喰を塗り直すことで漆喰の機能を回復できます。 少しでも異変を感じたら専門家に診断してもらいましょう。   今年も残すところ4日となりました。 平成最後の年なのでなんだか寂しさを感じますね。 来年に向けてやり残したことは今年中に終わらせてしまいましょう。