広島県広島市安佐南区で塗装が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

屋根の上に上がらせて頂くと、セメント瓦の塗装が剥げて所々白くなっていたり、

漆喰が剥がれて内部の赤土が見えている状態でした。

また、一部の瓦が割れている箇所もいくつか見られました。

セメント瓦とは、セメントと砂を主原料としたものであり

表面処理として塗装をし、使用されます。

色のバリエーションが豊富で耐火性もあり、

和瓦に比べて安価なため使用している住宅が多い屋根材です。

 

しかし、セメント自体には防水性がありません。

防水性を保つためには、定期的な塗装のメンテナンスが必要であり

約10年が目安であると言われています。

メンテナンスを怠り、塗膜が劣化してしまうとカビや苔が発生したり

防水性が低くなることで瓦が割れてしまう可能性があります。

また、全面の葺き替えも約20年が目安と言われており耐用年数はとても短いです。

 

今回のようにセメント瓦の塗装が剥がれていた場合、

高圧洗浄をして瓦表面の汚れを除去し

瓦のずれの補修や、割れている瓦の交換をして塗装をします。

しかし、雨水が入り込むなどして

屋根の内部の劣化が進んでいますと全面葺き替えが必要になります。

塗膜の劣化が見られたら早めに専門家の方に見てもらうと安心ですね。

 

定期的にメンテナンスを行い、

お住まいとご家族の健康を守っていきましょう。