先日、お客様から

「外壁のシミや傷みが気になるので見てほしい」

とご依頼を頂き、外壁塗装の無料診断を行いました。

拝見した所、外壁は写真のように塗装が剥がれ、至る所に黒くカビや藻、苔が生えた状態でした。

日々の紫外線の影響により、塗膜を守る樹脂が劣化し

外壁の塗料が色あせ(退色)したり、色ムラが起こります。

又、水捌けが悪い土地や湿気が溜まりやすい場所では、

湿気を好む微生物(カビ・コケ)が繁殖しやすくなるのです。

外壁の表面に付着したほこりや土、カビや苔、藻は付着してすぐの状態であれば、

水洗いだけでほとんど除去できますが、

何年間も放置してしまうと、水洗いや弱い洗剤では落とす事ができず、

表面や目地、隙間にこびりつき様々な劣化を引き起こしてしまいます。

カビや苔、藻が生えた外壁は、表面が黒または濃い緑色で覆われ、

塗膜の防水性が低下していきます。

小さいひび割れは塗装膜が硬化して起こる現象ですが、

ひび割れの幅が大きい場合は、下地素材(躯体)が割れている可能性があり、

雨水が侵入してしまう原因になります。

 

カビや藻等であれば塗装前に高圧洗浄でしっかりと落とした後に、

防カビなどの効果のある塗料を塗るなどの対策を取ると長期間防ぐことが出来ます。

ひび割れが出来ている場合は、

ひびの幅が細く狭い場合ですと塗料のみで塞ぐことが出来ますが、

ひびの幅が広く大きな場合はシーリング材などを注入し穴を塞ぎ、表面を整える必要があります。

どちらも下地調整の段階で行い、塗装をすれば目立つこともありません。

お住まいの外壁劣化症状は、ご自身でも確認する事ができます。

小さな症状でも見られたら早めに専門家に相談しておくと安心です。

 

新しい年を迎え幸福に満ちた1年となりますよう、心から祈っています。