広島県広島市西区で塗装の剥がれやカビ・錆が目立つ瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:セメント瓦屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:46年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

足場の設置等準備を終えた後、工事開始です。

既存の屋根には、塗装の剥がれや錆、カビ等が見られましたので

高圧洗浄やけれん掛けを行い、丁寧に汚れを落としていきます。

洗浄後、下地調整を行います。

下地調整には「パワーシーラー」を使用しました。

屋根材にしっかりと浸透し、塗料の付着性を高め剥がれにくくします。

下地調整が完了しましたら、メインの塗装作業に入ります。

メインの塗料には、「ナノシリコン」を使用しました。

中塗りと上塗りの塗料は同じものを使用し、しっかりと乾かしてから重ね塗りする必要があります。

完全に乾く前に、重ね塗りしてしまいますと塗料本来の効果や性能が発揮されません。

また、屋根塗料には木部などを塗る場合があります。一般的な塗装回数は3回ですが、

傷みやすい等の理由から4~5回塗りが必要になることもあります。

塗りムラや塗り残しがないかを確認し、塗料が完全に乾ききりましたら工事完了となります。

屋根の塗料が傷んだ目安としては、塗料の剥がれや錆やカビの発生等が挙げられます。

この様な症状が見られましたら一度屋根全体を洗浄し、

綺麗に汚れを落としたうえで新しい塗料を塗りますとキレイな屋根になります。

 

屋根はお住まいを守る大切な役割があります。

屋根の状態を整えて、安心するお住まいにしたいですね。