広島県広島市佐伯区でカビや錆が見られるカラーベスト屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:カラーベスト屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:32年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回はカラーベスト屋根にカビや錆、ひび割れが広範囲に見られたことから、

塗装工事を行いました。

 

まずは屋根全体の埃や汚れを落とす為高圧洗浄します。

高圧洗浄後、錆やカビ取り除く為ブラシなどを用いてケレン掛けを行います。

塗装工程前に、屋根全体を隅々まで洗浄し表面を整えておくことで、

塗料の密着性を向上し、工事完了後の美観が良くなります。

屋根全体を綺麗に洗浄した後、下地調整に入ります。

カラーベスト屋根に細いひび割れが見られましたので、シーリング材を用いて隙間を埋めていきます。

下地調整で表面をきちんと整えておきます。

下地の処理が終りましたら、塗装作業に入ります。

メインの塗料を塗る前に、下塗り塗料を塗っていきます。

今回は下塗り塗料に「パワーシーラー」を使用しました。

下塗りを行うことで、この後の工程にある中塗り・上塗りに使う塗料の密着性を高めます。

下塗りに用いる塗料は、屋根材の材質によって異なりますので

お住まいの屋根の材質にあった物を選びましょう。

下塗り塗料が乾きましたら、メインの塗料を塗る

中塗り・上塗り作業に入ります。

今回は中塗り・上塗り塗料に「ナノシリコン」を使用しました。

メインの塗料となりますので、塗料の性能や機能をしっかりと確認しておきましょう。

ナノシリコンは、紫外線や酸性雨に強く変色も耐性がある為長くお住まいを守ることができます。

ナノシリコンが完全に乾きましたら、工事完了となります。

 

カラーベスト屋根は、瓦屋根などよりも軽量で耐久性に優れている等の理由から

人気の屋根材の一つとなっています。

しかし、その分塗料の劣化がしやすい等定期的なメンテナンスが重要視される屋根材でもあります。

塗料の色褪せや剥がれは劣化のサインにもなりますので、今回の様に劣化症状が見られたら

専門家に相談し、塗装前にしっかりと洗浄後、新しい塗料を塗ってもらいましょう。

屋根塗料も以前より高機能なものが日々増えていますので、

色のみではなく機能も考慮してみるといいですね。

 

今日はイヤホンの日だそうです。

たまには音楽を聴いてリラックスしながら過ごしてみるといいかもしれませんね。