広島県廿日市市で漆喰の剥がれやひび割れが見られる瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰塗り替え・外壁塗装工事
築年数:40年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

瓦屋根の漆喰塗り替え工事と外壁塗装工事を行いました。

今回は工事の一部である漆喰の塗り替え工事の様子をご紹介します。

 

工事開始前に瓦屋根や1階・2階の外壁塗装工事を行う為、

足場の設置や保護シートの設置後、工事を始めていきます。

 

新しい漆喰を塗る前に、古い漆喰を撤去していきます。

隅々まで綺麗に漆喰を取り除いておくことで新しい漆喰が塗りやすくなり、

漆喰の密着性を高めます。

古い漆喰を綺麗に除去した後、新しい漆喰を塗っていきます。

漆喰は凹凸なく綺麗に塗布することが難しく、職人の経験と技術が必要になります。

漆喰が綺麗に塗り終わりましたら、漆喰の塗り替え工事は完了です。

今回は瓦屋根の一部がひび割れや欠けていた為、瓦の取り替え作業も行いました。

漆喰の塗り直しや塗りムラの確認や瓦屋根の状態を確認し微調整を終えた後、

工事完了となります。

 

瓦屋根は瓦自体に耐久性があるイメージから、

定期的にメンテナンスをする頻度が他の屋根材に比べ少ない傾向にあります。

しかし、瓦自体に耐久性があっても瓦同士を繋ぐ漆喰の目安は約10年前後と短いです。

瓦屋根の特徴をしっかりと確認し、定期的にメンテナンスを行いましょう。

漆喰のひび割れや剥がれは劣化のサインです。

軽度であれば今回の工事の様に、

古い漆喰を崩し新しい漆喰に塗り替えることで綺麗な漆喰になります。

漆喰が大きくひび割れ、大きく崩れていた場合であれば、

棟自体をもう一度積み直す必要がありますので工事自体も大きくなります。

漆喰が傷むと雨漏りする可能性もありますので、

劣化のサインを見つけたら早めに専門家に相談しておきましょう。

 

まだまだ寒い日が続きますので、

温かいこたつに入りアイスを食べるなんて贅沢を感じてみるのもいいですね。