広島県廿日市市で漆喰の剥がれや崩れなどが見られる瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根棟積み替え工事 築年数:40年前後 【工事前】 【工事後】  

【工事の様子】

足場と保護シートを設置し、工事開始です。 屋根全体の漆喰が傷んでいたので 古くなった漆喰を全て丁寧に取り除きます。 下地の葺き土が見えるまで漆喰を剥がし、水で濡らしていきます。 この工程を行うことで新しい漆喰の接着率が高まります。 葺き土は粘土なので最初は固まっていますが、年月を経ると砂のようになります。 漆喰の下地となる葺き土の劣化も瓦のズレに繋がるので注意が必要です。 下地を整えたら新しい漆喰をコテを使って丁寧に詰めていきます。 漆喰はムラなく綺麗に塗らなければならないのでかなりの技術が必要とされます。 漆喰が乾いたら工事完了です。 漆喰を塗り替えるだけでもお住まいの屋根のかなり印象がぐっと良くなります。   お住まいの屋根漆喰に大きなひび割れや崩れなどが見られた場合、 棟の漆喰を再度詰め直す「棟積み替え工事」を行うと元の綺麗な漆喰になります。 傷みが重度である場合、根本から修理を行うため漆喰の下にある赤土や防水紙など取り替えます。 赤土も雨水など水分を含んでいることも多いので取り替えておくと、雨漏りの心配もありません。   屋根の漆喰はとても大事な箇所です。 漆喰のひび割れや劣化を放置しておくと雨漏りの原因につながるだけでなく、 住まいの景観も損なわれてしまいます。 屋根の漆喰が綺麗だとお住まいの外観全体がぐっと引き締まります。 定期的なメンテナンスを施して安全な暮らしを保ちましょう。   お正月におせちなど美味しいものを食べた方も多いのではないでしょうか。 食べ過ぎに気を付けて、今週も頑張りたいですね。