東広島市で色あせ苔やカビが生えたカラーベスト屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 こちらのお住まいのカラーベスト屋根は、 色あせて屋根の端を中心に青い苔がびっしりと生えていました。 また、こちらでは黄色いが屋根の広範囲に出ていました。 カラーベストとは、屋根に使用されている屋根材の一種で 「平型化粧スレート」の事を指します。 一般的な陶器瓦の半分の軽量の為、屋根や建物全体の重量を軽くし 耐震性に優れ、工期も短く材料費が安価でコストの面でも優れた屋根材です。 色の種類が豊富な為、どんな住宅デザインにも合う為新築やリフォームと幅広く使用されています。 しかし、カラーベストの寿命は20年と言われています。 主成分であるセメントは水分が多少なりとも含まれており、 内部の水分が凍結や融解を繰り返し、耐えきれず割れてしまうケースや 台風等の強風によって運ばれてきた飛来物等が接触して割れることもあります。 又、割れ以外にも表面と裏面の温度変化で、 中の素材が伸縮を繰り返す事で密着が維持できなくなり屋根材自体が反り返ってしまう事があります。 見た目の変化も大きいですが、雨漏りの原因になってしまうので要注意です。   今回のお住まいの様にカラーベスト屋根に苔や錆が見られた場合は、 塗料が劣化している為、屋根の塗り直しを行うことで解決できます。 塗料を塗り直す前に、高圧洗浄で屋根の上に付着している汚れを落とし 錆や苔をけれん掛けし手作業で丁寧に取っていくことで、表面を整えます。 表面を整えた上で、新しい塗料を塗っていきますと塗料と屋根材の密着性も向上し、 剥がれにくくなります。 屋根の特徴をしっかりと押さえ、適切な塗料を用いて永く綺麗な屋根を維持していきましょう。   年を明けても肌寒い日が続いています。 こんな時は温かい飲み物を飲んでほっと一息ついて日々の疲れを癒しましょう。