広島県広島市南区でシミ・カビなどの汚れが目立つ外壁塗装の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事 使用材料:プレミアムシリコン他 築年数:23年前後 【工事前】 【工事後】

【工事の様子】

今回は1階・2階の外壁塗装工事を行いました。 足場と保護シートを設置して工事開始です。   外壁の汚れを高圧洗浄で洗浄し、汚れを落としていきます。 壁面にシミやカビなどの汚れがついていると塗料は密着しません。 隅々まで丁寧に綺麗にしていきます。 洗浄後はひびや亀裂の補修、シーリングの打ち替えなどの下地調整を行います。 壁を塗り直すためには外壁の表面を整える必要があるので、 小さなひび割れもシーリング材を入れるなどをし補修します。 下地処理後は塗装をしていきます。 今回は下塗り塗料に「ミラクシーラーエコ」を使用しました。 壁面の傷みが酷い場合は下地を補修・強化する下塗り材を使用したり、複数回下塗りを行います。 下塗りが終わったら「プレミアムシリコン」を使用し中塗り・上塗りを行います。 中塗りと上塗りで同じ塗料を使うと塗りムラが出来にくくなるので同じ色で塗装します。 塗料が完全に乾いたら工事完了です。   外壁に黒いシミやカビが目立ち始めたら、劣化のサインです。 雨漏りなど建物内部に直接被害が出る可能性は低いですが、 外壁の外観への影響やひび割れに繋がる為注意が必要です。 汚れのみであれば、塗料を塗り直せば元の綺麗な外壁になります。 しかし、ひび割れや塗料の剥がれがある場合は、 シーリング材やモルタルを用いて補修をした後塗装となります。 外壁の劣化に気付いたら、早めに専門家に相談しておくと安心ですね。   新年を迎えて早いもので一週間が経ちました。 まだまだ寒い日が続きますが、元気に頑張っていきましょう。