広島県広島市安佐北区で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、漆喰が剥がれ落ちてしまっています。 漆喰は主に屋根の内部への雨水の侵入を防いだり、 瓦同士をくっつける接着剤のような役割を果たしています。 今回のように漆喰が剥がれてしまうと 屋根内部の赤土に雨水が行き渡り、 棟の崩壊や雨漏り、湿気を好むシロアリをおびき寄せる可能性があります。   今回のような場合、古くなった既存の漆喰を撤去し 下地の土を整えて漆喰を塗ることで瓦同士をくっつけることができ、防水性が回復します。 しかし、劣化状態によっては棟の積替えなど大きな補修が必要になりますので 漆喰の剥がれが見られたら早めに専門家の方に見てもらうと安心ですね。   また、雨樋も曲がってしまっている状態でした。 経年劣化以外にも、屋根の上にが降り積もった後溶けた雪が屋根の勾配を落ちていき、 重量が雨樋にのしかかる事から雨樋が曲がってしまうというケースが多いです。 特に、今回依頼がありました安佐北区などの地域では、降雪も多いことから注意が必要です。   雨樋が曲がっていたり、落ち葉などのゴミや 前述したような剥がれた漆喰が雨樋に溜まってしまうことで 雨水がスムーズに流れなくなります。 溢れ出た雨水が地面だけでなく外壁などに掛かり 家自体を傷める要因となってしまいますので、 このようなことになる前に雨樋を掃除したり修理しておきたいですね。   今年の冬は暖冬と言われていますが、いつ雪が降ってもおかしくはありません。 早めに備えることでご家族の皆様が安心して暮らせる未来になるよう願っています。