広島県広島市東区でや塗装の剥がれが見られるベランダの修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:ベランダ・外壁塗装工事
使用材料:ファインウレタン他
築年数:35年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

今回は、ベランダと外壁の塗装工事を行いました。

 

ベランダには青い苔や錆が見られましたので、

高圧洗浄で清掃後ケレン掛けを行い、細かな錆や苔を手作業で落としていきます。

塗装前に洗浄と下地の調整を行うことで、その後の塗装作業において

塗料が付着しやすくなり作業効率がアップします。

また、綺麗な外観や塗料の効果もしっかりと発揮されるようになります。

下地調整が終りましたら、塗装作業(計3回)を行います。

下塗り・中塗り・上塗りの順番で行われ、下塗りには錆止めなどの効果がある塗料を使用します。

下塗り後、中塗り・上塗りにはベランダのメインとなる塗料を使用します。

塗料が完全に乾きましたら、塗装工事完了となります。

 

ベランダの手すりなどは特に、雨風や紫外線が直接当たってしまう為影響を受けやすく

苔や錆などの劣化が起こりやすい場所です。

ベランダの錆を放置したままですと、鉄部が腐敗し耐久性が落ち

折れてしまったり外れてしまう事もあります。

今回のような錆や苔等であれば、

綺麗に汚れを落とし再度、錆止め塗料やメインの塗料を塗ると改善されます。

毎日使うベランダだからこそ、安心しておきたいですね。

 

今日はとんちで有名な一休さんの語呂合わせから、「とんちの日」だそうです。

空いた時間に頭の体操をしてみると面白いかもしれませんね。