広島県廿日市市で塗装の剥がれ等が見られる外壁やベランダ防水の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・ベランダ防水工事 築年数:32年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

外壁塗装とベランダの防水工事を行いました。 今回は工事の一部である、ベランダ防水工事の様子をご紹介します。 工事開始前に足場の組み立てや保護シートの設置を行います。   設置後、高圧洗浄でベランダに付着した埃や小さな汚れも落としていきます。 また、錆などがある場合はけれん掛けを行い、 ひび割れや目地などはシーリング材を入れる等防水加工する表面を整えていきます。 下地の調整や補修が終りましたら下塗り工程に入ります。 下塗り材のプライマーを塗布することで、 ウレタン防水が下地部分に吸収されることを防ぎます。 下塗りが終りましたらウレタン系の塗膜防水塗料を塗っていきます。 先に塗ったウレタン防水がしっかりと乾いたのを確認した後、 2~3回と適切な厚みになるまで乾燥と塗布を繰り返していきます。 トップコートの塗布やドレン廻りの施工後、工事完了となります。   ウレタン防水工事は、ベランダや屋上の防水工事に使用される人気の防水工事です。 今回の様に、ベランダの防水面に不安がある場合は下地調整を行い、 適切な厚みまでウレタン防水を塗布すればベランダの防水機能が回復します。 普段使うベランダの状態は定期的に見て、定期的にメンテナンスをしておくといいですね。   今年は去年の猛暑の影響から、花粉の量も例年の5倍と予測されているそうです。 花粉症の方もそうでない方も、風邪対策だけではなく 春に向けて花粉対策もしっかりと行っておきたいですね。