先日、お客様から 「屋上ベランダのシミがひどく亀裂が入っている所があるので大丈夫なのか不安です。見に来てください。」 とのご依頼を頂き、屋上防水のリフォーム無料診断を行いました。 写真からも広範囲に黒いシミが広がり塗装が剥がれていることが分かります。 また、こちらではひび割れ亀裂が入り塗装下が見えていることが分かります。 ベランダや屋上は外壁に比べて風雨に晒されるだけでなく、雨水が溜まりやすく 一日の太陽の熱や紫外線の影響で劣化を早めやすい場所でもあるのです。 雨水により柱や梁と言った木材だけでなく、 断熱材など住宅の機能性を高める素材も腐食してしまいます。 又、コンクリート製の建物は雨に打たれると劣化し剥がれ落ちたり、 構造体である鉄骨が錆びる、カビが生える等の様々な被害が出てきます。   今回の様に、屋上の防水加工や塗装が劣化した場合、 ウレタン防水やFRP防水工法が良く行われます。 ウレタン防水の場合ですと、ウレタン系塗膜塗料を塗っていきます。 一方FRP工法であれば、ガラスマットなどを貼り付けポリエステル樹脂を塗布します。 しっかりと再度防水加工を施せば、雨漏りする心配も無くなります。 屋上防水は定期的なメンテナンスが必要であることを知らない方も多く見落としがちです。 屋上の防水工事は雨漏りが起きる前に行っておくことが一番です。 定期的なメンテナンスを行いましょう。   年末年始の慌ただしさから、ようやく普段の暮らしに戻ってきました。 冷え込みが厳しいこの季節、お身体を大切になさってください。