広島県広島市安佐北区で錆や漆喰の剥がれが見られる瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰塗り替え・棟の積み替え工事 築年数:40年前後   【工事前】 【工事後】

【工事の様子】

今回は瓦屋根の漆喰塗り替え・棟の積み替え工事を行いました。   工事開始前に足場と保護シートを設置後、工事開始です。 設置後、既存の棟瓦を取り外し、内部の赤土を取り除きます。 撤去が終りましたら、下地となる防水紙と棟金具を設置します。 設置した防水紙に耐震用の棟金具をビスで打ち込みます。 屋根によって金具の間隔と高さは異なるのでバランスを確認しつつ調整します。 棟金具を設置後、新しい棟木を固定し、漆喰を塗ります。 漆喰を塗布後、新しい棟瓦を並べていきます。 隙間が無いように丁寧に一枚ずつはめ込みます。 設置後工事完了となります。   瓦屋根の場合、 瓦の割れ・色褪せや漆喰の崩れなどが見られたら修理が必要です。 このような傷みや劣化を放置しておくと、 雨漏りに繋がるだけでなく瓦の落下を引き起こします。 定期的なメンテナンスを行うことで被害を最小限に抑えることはできるので まずは専門家に依頼しましょう。   週末は雨が降るそうです。 たまにはお出かけを控えてお家でゆっくり過ごしてもいいですね。