広島県広島市安佐北区でひび割れた外壁の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、広い外壁に縦長のひび割れが出来ています。 また、こちらでは塗料が浮き剥がれそうになっていました。 このような外壁の種類をモルタルと言います。 施工方法はラスと呼ばれる針金の網などの上から 砂・水・セメントを混ぜたモルタルを塗りつけ、 上から塗料を吹き付けて仕上げます。 また、今回のような凹凸模様が特徴の仕上げはスタッコと呼ばれます。 スタッコとは5~10mm程度の厚さで塗料を吹き付けることから 厚付け仕上げ塗材とも言われます。   モルタル外壁の塗料の耐用年数は 新築で5~13年、一般的な塗り替え工事では約10~15年と言われています。 これらを経過すると、今回のようなひび割れや塗膜の剝がれ、 カビや苔などによる外壁の汚れなどの経年劣化が生じます。 もしそのままにしておくとひび割れから雨水が入り込み、 内部が腐敗することで外壁が欠けたり、 湿気を好むシロアリをおびき寄せる可能性があります。   今回のようなひび割れが見られた場合は、 ひび割れ部分を清掃後コーキング材を充填し補修をします。 既存の外壁との違和感がないように上から塗装をすることで 目立つことなくお住まいの美観、そして防水性も元通りになります。   ご家族の皆様が安心して日々を送れるように願っています。