広島県廿日市市でひび割れや黒いシミが目立つ外壁塗装の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・瓦屋根漆喰塗り替え工事
使用材料:プレミアムフィラー、プレミアムシリコン他
築年数:36年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

外壁塗装と瓦屋根の漆喰塗り替え工事を行いました。

今回は、工事の一部である外壁塗装工事の様子をご紹介します。

 

足場の組みと周囲に塗料が飛び散らないように保護シートの設置を行います。

設置が完了しましたら、工事開始です。

新しい塗料を塗る前に高圧洗浄を行い、外壁に付いた埃や小さな汚れを落としていきます。

また、ケレン掛けを行い手作業で錆などもしっかりと落としていきます。

次に、下地調整を行います。

こちらのお住まいは以前、外壁に横長の大きなひびが入りシーリング材を注入したそうです。

今回はそのシーリング材が劣化し、外壁から浮き出ているような状態でした。

まずは、ひび割れより下の外壁を取り崩していきます。

取り崩しが完了しましたら、崩した部分をモルタルを塗り補修していきます。

この時に、ひび割れや小さな穴があればそれらもシーリング材やモルタルで補修していきます。

下地の調整・補強が完了しましたら、塗装工程に入ります。

メインの塗料を塗る前に、「プレミアムフィラー」を用いて下塗りを行います。

下塗りをしっかりと行うことで、メインの塗料の密着性などを高める事ができます。

下塗り後は、中塗り・上塗り塗料として「プレミアムシリコン」を塗布していきます。

メインの塗料になる為、外壁劣化の原因となる紫外線や水、酸素に強い塗料を使用しました。

メインの塗料が乾きましたら、工事完了となります。

 

外壁の劣化症状であるひび割れや黒いシミが見られた場合、

一部外壁の取り崩し行い、モルタルを塗り下地調整をきちんと行った上で

下塗り・中塗り・上塗りの計3回塗装をすればひび割れも黒いシミも目立たなくなります。

また、外壁の劣化具合によって塗装回数も変化しますので、

塗装する際はしっかりと確認しておきましょう。

 

今日はスキーの日だそうです。

オーストリアのレルヒ少佐が日本人青年将校に初めてスキー指導を行ったことが由来とされています。

広島県では週末の天気は良くありませんが、

折角の三連休、ご家族でスキーを楽しむのもいいかもしれませんね。