リフォーム工事を行う時、どうやって工務店を選定しますか?
近所や知り合いに依頼される方もいらっしゃいますが、知人の場合は、たとえ工事に不満があっても「言いづらい」といった背景があります。
近所や知人に工務店がいなくても今の時代、インターネットでいくらでも工務店を探すことができます。

ただ・・・・・・

国土交通省によると建設業許可業者は日本全国で約464,889社あります。
そのうち広島県には約11,595社もの業者数があります。
この中から、1社だけを選ぶのはとても大変な労力が必要です。
最近インターネットでよく見かけるのが、「相見積もりサイト」や「優良工務店紹介サイト」をうたうアフィリエイトサイトです。
「アフィリエイト」サイト運営者は、1件成約するたびに、サイト運営者に収入が入る仕組みになっています。
アフィリエイトサイトを否定するつもりはありませんが、書かれている内容を読んでみるとプロの建築家ではない方が書いている事は珍しくありません。
となると、何を基準に「優良工務店」を探したらいいのでしょうか?
実は、優良工務店と呼ばれる工務店には、共通点があります。

 

優良工務店とは?

「優良工務店」とはどのような工務店を言うのでしょうか?
優良工務店にも、私たちが見ても分かる特徴がありますのでご紹介します。

①経営が安定している

家を建てた工務店が、財政難や経営破綻で廃業してしまっては
いかにアフターサービスに力を入れている工務店であっても直すことが出来ません。
お住まいを建てた工務店やリフォームした工務店は、今後何十年と付き合っていくこととなります。
決算書のみではなく、利益に直接関係のない営業所の清掃などもちゃんとしている
当たり前の事が当たり前に出来ている点をチェックするのもポイントの一つです。

大手であれば倒産しない = 優良 であるとは限りません。
実際、過去に大手でも倒産してしまった企業がありました。
一度倒産してしまうと、着手金などが基本的に戻ることはありません。
しっかりと見定めることが大切です。

②地域でよく聞く・見かける名前

工務店の多くは地域密着です。
その影響もあり、地元の風土や環境を最もよく知っている利点があります。
その地域でよく知られている名前であれば、
技術も高く地元の方にも愛されている優良工務店の可能性が高いです。

ただし単なる営業活動が苦手な会社だったりする場合もあるので、
判断する上での一つのポイントと覚えておきましょう。

③見積金額が分かりやすい

新築は勿論リフォームであっても、工事内容によっては何百万円かかる場合があります。
見積書の内容は、誰が見ても内容を理解できるように書かれているかどうかもポイントです。
見積りを依頼した際は、不明点を必ず担当者に確認し、その説明レベルの有無も確認しましょう。

④現場管理がしっかりしている

どんなに営業マンの人柄が良く、キレイなホームページだったっとしても、
実際に工事を行うのは工事現場の職人です。
たばこのポイ捨てや挨拶など、一般的なマナーや
近隣に迷惑をかけないなどの気配りができるかどうかも要チェックです。
現場管理に力を入れている会社なら、安心感がまるで違います。

優良工務店は、技術だけでなく現場での挨拶など人柄も大切にします。
工事を依頼する前に、実際に工事をしている現場を見ることで、
挨拶があるかや整理整頓されているか等を確認しておきましょう。

⑤自社の設計・施工

家に関するすべての項目が自社でできる工務店は、いざという時に頼りになります。
下請けに丸投げしてしまうような工務店は、
技術面や責任などの管理面においても不安定なことが多いです。
特に責任の所在などを曖昧にする工務店は注意をしておきましょう。
また、設計面においても自社で行っているのであれば、
お客様の要望に最大限応えることが出来ますし
設計段階で不安な箇所があっても回答が早くなります。

お客様の不安を安心に変えてくれるような工務店が、
優良工務店と言えるポイントになるでしょう。

⑥既に高性能の家を建てている工務店

優良工務店と呼ばれる条件の一つが、

自分の求める良い家を建てることが出来るのか」です。

つまり、既に建てられている家が高性能で良い工務店は、優良工務店である可能性が高いのです。
気になる工務店があれば、
実際に建てている家やリフォームしている家を一度確認しておきましょう。

また、実際に家を建てた人の体験談から満足しているか判断してみるのもポイントです。
資料請求をしてみた時の対応の丁寧さや迅速さ等もチェックしておくといいでしょう。
工務店の中には、完成見学会などを行うことがありますので機会があれば利用してみましょう。

 

⑦ホームページやブログのチェック

以前までは、工務店に限らず多くの企業の宣伝方法と言えば
チラシやポスティングがほとんどでした。
しかし現在、インターネットによる告知が一般的になっています。

数あるHPの中でも優良工務店のHPを見分けるポイントは

・施工事例の件数が多く、内容も分かりやすい

工事の様子や工事の内容等といった情報は、実際に工事現場に訪れてみなければ分かりません。
工事の様子を写真を載せて紹介している数が多いと、それだけ申込者数があるということです。

・アフターサービスについての記載がある

新築やリフォームは、一度その工事を終われば終了ではありません。
工事後にまたひび割れが出来てしまったなどの不具合があった場合に、
迅速にしっかりと対応してもらえるかの判断基準となります。

・記事やHPの更新が頻繁に行われている

更新日が1年以上古いと不安になりますよね。
HPの更新が無ければ、
インターネット上でその工務店が継続して工事を行っているか確認することはできません。
工事が頻繁に行われているかどうかを必ずチェックしましょう。

一口に優良工務店と言っても、その基準は人によって様々です。
必ずしも他の方が良いと評価した工務店が、あなたにとっての優良工務店とは限りません。
今回お話いたしましたポイントを抑え自分に合った優良工務店を見つけていただければ幸いです。
ご質問等ございましたら遠慮なくお問い合わせください。。
広島の屋根修理のお問い合わせ