広島の屋根修理外壁塗装などリフォームや不動産は㈱正光技建にお任せ下さい。

屋根修理・外壁塗装など内外装リフォームの事から不動産、相続税対策など専門家をそろえております。

広島市佐伯区で塗装や漆喰が剥がれた屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。

広島市佐伯区で塗装や漆喰が剥がれた屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、屋根の塗装が剥がれてしまっています。 このような特徴的な形の屋根瓦をモニエル瓦と言います。 モニエル瓦とは、ヨーロッパ発祥のセメント瓦です。 耐震性や断熱性に優れていたり、カラーバリエーションが豊富なため 1980~1990年代には広く普及されましたが、 現在では生産会社が廃業したため製造終了となっています。   また、瓦の主成分であるセメントには防水性がないため、 塗装をすることによって瓦は防水されます。 塗料の耐用年数が約10~15年、葺き替え目安が約20年と 塗装だけでなく屋根自体に定期的なメンテナンスが必要となります。   今回のような塗装の剥がれも 耐用年数を過ぎてしまっていることが原因と考えられます。 もしこのままにしておくと、 セメント瓦から屋根の内部にまで雨水が染み込み 湿気を好むシロアリをおびき寄せたり、雨漏れが発生する可能性があります。   今回の場合は、まず高圧洗浄でカビや汚れを除去します。 この際に、塗装時、細かい個体の粒子が液体状で混ざり合い 泥上になったスラリー層を綺麗に取り除かなければ 上から塗装をしてもすぐに剥がれてしまうようになるので要注意です。 次に瓦の破損部分などを補修し、上から塗装をすることで お住まいの美観だけでなく防水性も元通りになります。 定期的にメンテナンスを行うことで
お住まいとご家族の健康を守っていきましょう。