先日、お客様から「長年住み続けたお家の基礎部分が しみやひび割れがある事が分かり、去年も災害が多かったので 今後が心配です。」とご相談を頂き、広島市安佐北区で基礎巾木の無料診断を行いました。 早速、お伺いし拝見した所こちらのお宅の基礎部分は写真のように 縦に所々に長くひび割れが起こり、シミが入った状態で大変危険な状態でした。 基礎巾木のひび割れには2種類あります。 一つはひびが基礎の途中まで終わっており、髪の毛の様な細いクラックである事から ヘアークラックと名前がつけられたひび割れと、基礎の高さいっぱいまで伸びており、 ひびの隙間が大きいひび割れを構造クラックといいます。 ひび割れはいつくか原因があります。 コンクリート収縮は内部に含まれ水分が蒸発すると発生し、鉄筋や柱などによって 固定されてしまうと引張力が生じて、自由に縮むことができない為、 不自然な方向に力がかかりひび割れが起こる乾燥収縮と温度が急激に下がると縮む性質があり、 特に夏場などの温度変化が激しい時期ほどひび割れしやすい気温変化や地盤が弱いと住宅が斜め に傾くことで基礎が支えきれなくなる不同沈下とその他、地震コンクリートな中性化が原因だと言われています。 基礎のひび割れを放置すると、雨染みの発生地盤沈下家の耐震性低下など、 様々な悪影響を起こす恐れがあります。 基礎が建物の構造上、たいへん重要なのです。 ひび割れを見かけたら早急にメンテナンスをお勧めします。   昨日、新成人さんたちの華やかな晴着姿を見かけました。 元気あふれる若者の姿は私たちにも元気をもらえます。 まだまだ寒さ厳しき折、どうぞお体には十分にお気をつけください。