「屋根のサビが気になるので見に来てほしい」とご依頼があり、 広島市南区でサビが発生している屋根の無料診断を行いました。 写真から分かるように、広範囲にわたって瓦棒屋根に錆が発生してしているのが分かります。 このようなサビは経年劣化により発生するため注意が必要です。 また、別の箇所では瓦屋根の漆喰いがごっそりと取れていました。 漆喰が取れていると、取れた場所から水が浸入し雨漏りを引き起こす可能性は当然ながら高くなります。   今回お話している「瓦棒屋根」という言葉は、聞きなじみがないと感じる方は多いかもしれません。 瓦という文字が含まれていますが、瓦屋根ではありません。 板金(トタン、GL鋼板、ステンレス鋼板など)で施工される板金屋根の事です。 継ぎ目がない為、雨漏りに強いと言われていますが、今回のようにサビが発生してる場合 錆びている箇所に穴が開いてしまうことは少なくありません。 そうなってくると、雨漏りしやすいお住いになってしまいます。   今回は、屋根のサビは穴が開いてしまう程ではなかったので塗装工事を行いました。 まず、屋根の表面の錆を落とします。錆は頑固ですのでケレン表面処理を行います。 錆の除去を行うことで塗装の密着力も高まります。 また、穴が開いている場合は貼替工事が必要となります。 漆喰が取れている箇所は、下地の土を整えて漆喰を塗ることで瓦同士をくっつけることができるので、防水性能は回復します。   錆などの傷みは目に見えてわかる為見つけやすいですが 漆喰がとれているような場合は、日頃からよほど注意して見ていないと気づけません。 家のメンテナンスは早期発見が大前提なので、たまに屋根を見上げてみてはいかかがでしょうか。   今日は阪神・淡路大震災の日です。 日頃から、いつ何が起きても大丈夫なように準備しておくことが重要ですね。