広島市安佐南区で塗装が剥がれた屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。   写真でも分かるように、金属屋根の塗装が剥がれてしまっています。 また錆びている部分もあります。   このような金属屋根の一種をトタン屋根と言います。 現在主流であるスレート屋根がなかった1950年代の高度経済成長期に多く使用されました。 日本瓦に比べると安価で、1/100の重量と軽いため耐震性などに強いというメリットがあります。   しかし、金属であるためびやすく傷がつきやすいので 耐用年数は約8~10年と短いです。 そのため、現在では錆びにく耐用年数が約25年と長い ガルバニウム鋼板が金属屋根では主流となっています。   今回の場合は、耐用年数を経過し塗料が剥がれてしまい 錆が発生してしまったと考えられます。 もしこのままにしておくと、劣化が進行し 屋根材が朽ちてしまったり雨漏れが発生してしまう可能性があります。   このような場合は、まずケレン掛けや高圧洗浄をした後に 下地の不具合を修正し、上から塗装をすることで 屋根の防水性だけでなく美観も元通りになります。   しかし、雨漏れが発生しているなど劣化状況が酷い場合 屋根の葺き替えといった大きな補修工事が必要になるので 屋根に異変が見られたら早めに専門家の方に見てもらうと安心ですね。   お住まいの気になる所は早めに補修を行い、 ご家族の皆様が安心して日々を送れるようにしていきましょう。