先日、お客様から「昨年、災害が多かった事もあり 屋根がどのような状態になっているのか見る事が出来ないので 見に来ていただけませんか?」とご連絡を頂き 東広島市で屋根の無料診断を行いました。 こちらのお住まい屋根は写真のように漆喰の部分に浮きが出来、 ひび割れした所も見られ、大変危険な状態でした。 漆喰は石灰が主成分の白い粘土状のもので、 撥水性があり、雨水の侵入を防ぐ効果があります。 役割として見た目が白くて綺麗なうえ、 雨水により葺き土が浸食される事を防ぐ(防水材の効果) があります。 しかし漆喰は様々な影響がおよんできます。 特に漆喰の剥がれは経年劣化で漆喰にひび割れが発生し 葺き土と漆喰の間に隙間ができ、密着力が低下することにより 自然の風や雨などにより剥がれが発生し、雨水が入り込み 雨漏りの原因になるのです。 漆喰自体は棟を支えているものではない為 あくまでも葺き土に直接水が当たるのと水の巻き込みを防ぐためものなので 葺き土がしっかりとしている限り、すぐに棟が崩れることはありません。 補修方法としては まず、表面の漆喰をヘラで丁寧に取り除き後ろにある「葺き土」 は残したまま、葺き土を整え湿気を与えます。 その後、表面を平らにならし、漆喰がなじみやすくする為 霧吹きを吹き湿らせて漆喰を塗ります。(その時隙間なく均等に塗ります。) 最後に表面を整え仕上がりです。 屋根はなかなか自分ではみる事はできません。 気づいた時には、大変な状態になっていることがあります。 そうなってからでは遅いです。 早めのメンテナンスをお勧めします。 ちまたではインフルエンザが流行っているようです。 どうぞ暖かくしてお過ごしください。