先日、広島市中区で塗装が剥がれ亀裂が入った外壁の無料診断を行いました。 お客様から「外壁の所々で塗装が剥がれひび割れしてとても見た目が悪いし 今後が心配なので見に来てもらえますか?」とご依頼頂き、 早速拝見した所、写真のように至る箇所の塗装が剥がれ、ひび割れが酷い状態でした。 外壁は、日光が直接当たる場所であり、雨水を直接受けたり、 風によってホコリが付着したりと、内装では起こりにくいことが日常的に発生し 天候などによる影響は避けられません。 外壁は放っておくとどんどん劣化していき、雨などの侵入を防ぐ事が出来なくなります。 そうしたダメージを軽減できるようにするのが外壁塗装の目的です。 10年以上メンテナンスをせず家を放置してしまうと 紫外線や風雨に晒されて外壁の塗膜が劣化を繰り返し、 保護されていない状態の外壁が向き出しになります。 雨水を浴び続けることで、木部の腐食を早めたり、鉄部のサビが広がり 最悪の場合、構造体が弱り地震の弱い家になってしまいます。 ちなみに塗装工事をする時は、気温や室温にも気を配り工程管理しないと 乾燥不十分で重ね塗りをするをすることになるので、 密着度の弱い塗装になってしまい塗料が剥がれてしまう場合があります。 外壁がダメになると、外観だけではなく 家の耐久性そのものを下げてしまうことに繋がります。 何事も早期発見が最もコストが抑えられるので 早めのチェックをお勧めします。 まだしばらく寒さがゆるみそうにありませんが、きっと、あと少しの辛抱のはずです。 春の訪れを待ちながら、楽しい日々を皆さんでお過ごし下さい。