広島県広島市東区で塗料の浮きや剥がれが見られる外壁塗装の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁・屋根塗装工事 使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他 築年数:40年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

屋根の塗装の剥がれや苔が見られたので屋根の塗装と、 外壁にひび割れや剥がれ、塗料の浮きが見られたので外壁の塗装工事を行いました。 今回は外壁の塗装工事の様子をピックアップしてお伝えします。 工事開始前に、安全と工事作業の効率化為足場と保護シートの設置を行います。 設置後、工事の開始となります。 塗装の前に、外壁全体を洗浄します。 高圧洗浄を行い、外壁に付いた小さな汚れもしっかりと落としていきます。 高圧洗浄などで隅々まで汚れを落とした後、下地の調整を行います。 崩れた外壁付近を綺麗に取り除き、モルタルを塗って表面を綺麗に整えていきます。 表面を綺麗に整えることで雨漏りの心配も無くなり、 新しく塗装する際にも凹凸なく綺麗に塗ることが出来ます。 下地の調整が終りましたら、メインの塗装作業へと移ります。 塗装は一般的に上塗り・中塗り・上塗りの計3回行われます。 しかし、外壁の劣化具合などによっては塗装回数を増やすことで、 耐久性などをあげます。 塗料が完全に乾きましたら、工事完了となります。 外壁の傷みは、黒いシミや大きなひび割れ、外壁の崩れなど一目見ると大きな傷みのように思えます。 しかし、早期発見できれば外壁内部被害が出る前に補修できますので、 補修範囲も狭くモルタルやシーリング材などで補修することで回復できるケースがほとんどです。 定期的にメンテナンス行い、今の外壁を永く大切にしていきたいですね。   センター試験も終わり、ほっと一息つかれたご家庭も多いのではないでしょうか。 大学受験も本人だけではなく家族が協力するものになってきましたね。 将来に向けて頑張る彼らに負けないように、私たちもまずは今週頑張りましょう。