広島県廿日市市で変色した瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 先日お客様から「瓦が年々傷み黒くなっているので一度見て欲しい」 とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。   お客様の瓦屋根にはオレンジ色の綺麗な瓦を使用していたそうです。 しかし、瓦屋根の診断を行いますと瓦の劣化が進み、ひび割れや瓦の色の黒ずみが目立っていました。 また、ひび割れた箇所から瓦が欠けている箇所もありました。 瓦の劣化状況から雨漏りしている可能性がありましたので、 割れている瓦をめくってみますと瓦の下にある防水紙に雨水による白いシミが出来ていました。 今回幸い内部への雨漏りはありませんでした。 しかし、この状態を放置しておくと時間が経つにつれ雨漏りしてしまいます。   瓦の裏側は雨風に強い表面とは異なり焼いたままの状態に近い為、 今回の様に雨水が瓦の下に侵入すると、瓦内部に侵入した水分が湿気になり 酸素に触れる事で瓦の裏はどんどん腐食していきます。   今回の様に瓦にひび割れや防水紙に雨シミがあった場合には、 瓦の一部取替や新しい垂木・防水紙の設置を行うことで解決します。 瓦も新しいものと取り替える為、 お客様が気にされていた黒ずみや変色による外観への影響も無くなります。 綺麗な瓦が並んでいると、お住まいも若返ったように思えますよね。   インフルエンザの感染が広がる中、感染区域として多く挙げられているのは 職場・学校・通勤通学の公共交通機関が多いとネットニュースで見ました。 室内では定期的な換気と、帰宅時には必ずうがいと手洗いを徹底して備えましょう!