広島県広島市佐伯区で塗装の剥がれや錆が見られる屋根の塗装修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:カラーベスト屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:33年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は塗装の剥がれや黒ずみが見られたので、カラーベスト屋根の塗装工事を行いました。

工事を始める前に、足場の組み立てや塗料の飛散防止の為「養生」やシートの設置を行います。

足場は職人さんが安全に工事を行うため必要不可欠です。

安全や工事の効率化の為にも足場の設置は必ず行います。

 

足場の組み立てや保護シートの設置が終りましたら、工事開始です。

塗装予定の屋根全体の洗浄作業から入ります。

洗浄には高圧洗浄を使用します。水圧で細かな埃や汚れを落とすことが出来ます。

また、錆や苔など水圧で落とすことの出来ない箇所には、けれん掛けを行い

手作業で落としていきます。

洗浄作業が終りましたら、下地の処理作業になります。

屋根にあるひび割れや欠けた部分をシーリング材等を用いて埋めていきます。

埋めた後、表面を綺麗に整える事によって塗料の密着性を上げます。

下地の処理が終りましたら、塗装工程に入ります。

塗装には下塗り・中塗り・上塗りの工程に分けて行います。

今回下塗りには「パワーシーラー」を使用しました。

下塗り後はメインの塗料を塗っていきます。

一般に中塗りと上塗りには同じ塗料を使用します。

今回は「ナノシリコン」を使用しました。

塗料が完全に乾きましたら、塗装工程は完了となります。

ただ、今回のような屋根ですと塗装の際に屋根材同士がくっつき、

通気性や水の流れが悪くなってしまいます。

その為、屋根材の隙間にある塗料をカッターで切り取る「縁切り」作業を行います。

縁切りはカッターで一枚一枚丁寧に行う作業の為、手間と時間が掛かりますが

屋根を長く使用するには必要な工程となります。

色ムラなどの最終チェックを終えた後、工事完了となります。

 

屋根も私たちの身体と同じく年月が経つにつれ徐々に劣化していきます。

健康診断と同じです。大切な屋根を長く使っていくために、定期的なメンテナンスを行いましょう。

 

昨日の夜には日本でも明るい満月である「スーパームーン」が見れましたね。

海外では「スーパーブラッドウルフムーン」と呼ばれる赤い満月も見られたそうですよ。

月ひとつとっても観測地が違うだけで、様々な表情を見せてくれますね。

たまにはスマホから離れて自然の面白さを感じてみるのもいいですね。