広島県廿日市市でひび割れや錆の見られる外壁塗装の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・庇塗装工事 使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他 築年数:37年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

外壁にひび割れや鉄部の錆が付着していた為、外壁の塗装工事と庇の塗装工事を行いました。 今回は外壁の塗装工事の様子を写真と共にご紹介します。 まず、1階2階の外壁の塗装を行う為、足場の組み立てと保護シートの取り付けを行います。 塗装作業時の塗料の飛び散り等を防ぐため、塗装工事の際には必ず保護シートの設置を行います。   保護シートの設置が完了しましたら、工事開始です。 高圧洗浄をかけ、外壁に付いた汚れを落としていきます。 綺麗に汚れを落とすことによって、 後の塗装作業の際に汚れやほこりが付くことなく塗装出来ます。 洗浄作業が終りましたら、下地の調整を行います。 外壁のひび割れは細く小さなものであれば塗料のみで補修可能ですが、 太いひび割れはシーリング材の注入を行い補修します。 また、外壁に大きな剥がれなどが見られた場合はモルタルにより補修可能です。 外壁の表面を整え、塗料の密着性を向上させます。 下地の調整が完了しましたら、塗装作業に入ります。 塗装は主に計3回(下塗り・中塗り・上塗り)行います。 今回下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。 下塗りで外壁表面を整えた後、中塗り・上塗り作業になります。 中塗り・上塗りは一般に同じ塗料を用います。 同じ塗料を重ね塗りすることにより、塗料の耐久性が向上し剥がれにくくなります。 中塗り・上塗りには「プレミアムシリコン」を使用しました。 塗料が完全乾けば工事完了となります。 外壁の傷みは目に付きやすい為、補修費用や工事内容が大きいイメージがあります。 しかし、実際の工事内容は今回の様に内部の構造体にひび割れ等がない場合は、 シーリング材やモルタルによって補修ができます。 外壁の補修は見た目よりも簡単にできますので、 傷みに気付きましたら早めに専門家に相談しておきましょう。   昨日は、サウジアラビア戦で日本代表が勝利しましたね。 テニスでも日本人選手が頑張っているので、彼らに元気をもらいつつ頑張りたいですね。